HIMITSU KICHI
何の為でもない
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. Permalink
シュウカツ体験期。つれづれなるまとめの巻。
思い返せば長いようで、あっという間に時は過ぎていきました。

・11月2日。GI就活相談会にて、シューカツを終えてきらきらと話す先輩方がひどく大人に見えました。
用語も流れもなんのことやら、ふわふわり。無知の知を実感した、生誕21周年前日。
稲○さんはいつにもましてイ○ガキズム好調で、話しかけるのをためらいました。

・証明写真にスーツ用のコート、やたらとお金をかけてみました。
人間の顔って、こんなにも修正されうるものなんだな~と他人事のように思いました。
写真と実物があまりにもかけ離れてるのもどうよ!?と思いますが。
写真に効果があったかは分かりませんが、防寒用コート、暖かかった。北風も身に凍みないぜ。

・合同説明会初参戦は、12月明けてすぐの2日。企業訪問カードの書き方に戸惑いました。以後何度書くことになることやら…あの面倒くささを、このときの私はまだ知らず。
初めて説明を聞いたのは日○銀行で、うわ~私シュウカツしてる~とテンションが上がりました。何事も形から入るタイプです。

・広告に載っている住宅間取り図をみて妄想するのがすき、という安直な理由で住宅メーカーに憧れていました。
というよりも、住宅メーカーのとある一企業さんの説明が魅力的で、12月時点で3度も説明を伺いました。めんどうなやつめ。
営業はむりだ~と気づき、年末には志望を外しましたが、今でもあのメーカーさんと社員さんのファンです。
いつかおうちを建てる際、住宅展示場で再びお話を伺えることを夢見ています。

・お正月は実家でのんびり。ESを持ち込むこともせず。
というかシュウカツを通して、私ESそんなに書いてない気がするwwww
業界柄、webESを書くことの方が手書きモノよりとても多かったです。
でも選考が比較的進んだ企業さんは、手書きでES書いたところが大半でした。やっぱり想いがきちんとこもるのかな。

・それにしても、合説にしろ学内セミナーにしろ、説明会ってすごいよ!楽しいよ!
とある専門商社の部長さんのお言葉:
「こんなにも多くの企業の情報を効率よく仕入れる場所なんてない!」
まさに仰るとおりでございます、の一言に尽きます。
もしかしたら将来の営業先のネタを仕入れることができるかもでしょう、本当に貴重な体験だよねえ。
企業同士の社交の場にもなってたりしそうだね、合説。

・吹田での学内セミナーにてIT業界、SE職に惹かれました。
理由は、
①文系でもモノ作りに関われるんだ~!
②私ってSE適性ありそう(チーム作業、コンサルもできる、などの要素)
③女性が少ない職場×けれども女性の雇用を求めている企業 
 →女社会怖いし、これくらいがちょうどいいのでは!という安易な思考
この出会いをきっかけに、私の怒濤のIT業界(主にSIer)研究がはじまるのでした。
文系学生に告ぐ、吹田合説おすすめ。予期せぬ運命の出会いがあるかも。

・わくわくできる仕事がしたい、と漠然と思っていました。
結果、紆余曲折を経て、色んな業界をかじりつつたどり着いたのが、「IT」と「教育」。
全く似てない選択だけど、モノ作りができる点、理念への共感(社会貢献の仕方とか?)が共通項だった。
生保はね~、いいなと思ったのよ。でも総合職でやってくのむりだわ~と思いました。
あと、個人レベルに落とし込んだ仕事内容に対してわくわくしなかった。全て私の主観ですが。

・1月2月3月前半はひたすら説明会に行きまくりました。
しかしESはそんなに力入れて書いてないな~。
私の良くないところ、インプットに注力しすぎてアウトプットが足りない。今、気づいた。笑

・説明会にて。
大勢のリクスー軍団の波のなかで質問する勇気は持ち合わせていなかったので、説明終了後いつも個別にお話を伺っていました。些細な質問から、雑談まで。
あほ~な質問ばかりで無知さを激しく露呈していたとは思いますが、これはやってて良かったな~と本当に実感します。
面接の際の逆質問に深みが出た…はず………?、いや、そんなことはなかったわ。笑

・勤務地には悩みました。
地元に帰るか、帰らないか。出た結論は、まだ帰らない、帰りたくない。
地元企業の説明会も3社参加したんだけどな、なんだか気にくわなかった(横暴)。
一度家から出た娘は、もう二度と帰ってこれないのよ。おばあちゃんの予言は正しかったようです。
もう少し外で頑張らせてね。私はまだ、こっち側にいたい。


ふう。思ったより長くなりそうです…。
続きはまた今度、脳みそが記憶を忘れないうちに。
スポンサーサイト
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
この記事のコメント:
コメントの投稿









:

トラックバック
トラックバックURL
http://cococo113.blog.fc2.com/tb.php/90-1c218b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。