HIMITSU KICHI
何の為でもない
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. Permalink
おひさしぶりに。
この記事はブロとものみ閲覧できます
  1. Edit
  2. Permalink
心配事などなにもないかのように笑う
▼裏側まで全て知っていて、それでも笑顔でいられるから、あいつは可愛いんだ。人の悪意も、夢の儚さも、全てが思い通りにいくわけないということも、全部全部ちゃんと知っていて。それでも、まるでそんなものなどないかのように、キラキラ振る舞える。夢見る少女でいる。そんな子だから、好きなんだ。
▼いつも笑っている子が好き。そういう子ほど、実はもろいから。

NANAとワンちゃんの言葉が心に染みついてる。

本当にそうだなと思う。笑顔の裏側に、ありそうもない影の存在に気づいて、はっとする。あの子は強いな、とドキッとした。
笑顔の女の子は強いよ。現実を知っているのに、笑っていられる女子は、誰よりも強い。弱い。

スナックで働く友人のことを思うことから派生して、ここまで至りました。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
「未来の君は、今の君の頑張りにきっと感謝する」
センター試験終了後、正面玄関に飾られた横断幕は、先生達からのメッセージ。

「未来の君は、今の君の頑張りにきっと感謝する」。

過去の私は、あの頃の君の頑張りに感謝しましたよ。
今の私も、来年の、3年後の、10年後の私のためにがんばらねば。ねば。

さーて。何をがんばろうか?

  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
♪卒業までにやりたいことリスト
あんこさんの真似をして(リスペクト!)、やりたいこと羅列してみます^^
卒業後も大阪にいられるか分からないし、やりたいことは出来るだけやっておきたいな~

いきなり現実的なものから…
・アロマディフューザーでお部屋をいい香りに
・メディキュットできゅきゅっと!

・電車に乗って海にいく。海辺で夕日を見ながら黄昏れる。
・京都漫画ミュージアム満喫
・京都を着物ではんなり散策
・浴衣を着て線香花火をしながら、青春の終焉を心で嘆く。
・南禅寺
・東北に行ってみたい…震災地、『炎立つ』『火怨』『壬生義士伝』縁の地巡り
・服部先生に会って近況報告をする。
・母校に遊びにいく。
・『水滸伝』読破
・劇団四季みたい。ライオンキング。
・宝塚もみたい

・大学入学時の体重に戻る。マイナス7㎏(笑)(笑えない)
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
シュウカツのこと。2
書くのめんどくさくなってきた…笑

・はじめての面接は2月中旬。しかもその時点で最も志望度が高い、SEに興味を持つきっかけとなった企業さんでした。
何を準備すればいいか分からず、前日に先輩にたすけてくださいメールを送ったことも今では良き思い出です(メーワク)。
結果は撃沈でしたが、あっ面接ってこんな感じねー!と知るいい機会になったと思ってます。
この会社の人事さん、本当に大好きだったから切ない思いもしたけれど。だじゃれと可愛らしい笑顔がすきでした。

・今になって思い返すと、4月以降は落ち込む間もなく(時間にはたっぷり余裕があったけど)、選考の波が押し寄せてきた。
一番しんどかったのは2月後半だったような。GDが上手くいかず、自己分析不足も痛感し、このまま就職活動を続けていいのか結構悩んでしんどかった。
でも3月に入り、ちょこちょこ面接を経験していくなかで、
あ~わたしこういうことやりたいんだよ~、
あっわたしってこういう思考するする~、などと少しずつ「自分」と「世界」を整理できてきた気がします。
流れに身を任せること、たまーに立ち止まって確かめること。そこが大切なのかなあ。

1.あなた、を知ること・情報を整理すること→?(もっと知りたいこと)が増えてくる
2.やりたいこと、できることを明確に
2.背伸びせず、ありのままの私であること
面接で大切なことってこの3つなのかな~と、思う。とくに3つ目が一番難しくて、一番大切。
どうしても自分を取り繕ってかっこよく魅せたくなってしまうけれど、絶対いつかどこかで躓いてしまうもんねえ。
何事もそうだよな~。ありの~ままの~じぶん~でい~いの~♪、?

・最終的に手元に残った選択肢はふたつです。
ひとつは、面接官の背中に激突した御社さん。
もう一方は、GDで絶対落ちたコレと思っていたらまさか通った御社さん。
シュウカツはご縁だと言うけれど、まさにそうだなあ。何が起こるかなんて分からない。
明日には決心しよう。


最後はしょりすぎたけど、こんなもんで終わりましょう。
なんでこんな私事を脈絡もなくつらつらと綴っているのか分からなくなってきた。ので。笑
来年あたり見返すと面白いんだろーか。
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。